多くの方が感じます|早期発見で緑内障を悪化させないようにしよう|大事な眼を守る

早期発見で緑内障を悪化させないようにしよう|大事な眼を守る

医師

多くの方が感じます

眼

目の前を小さなモノが飛んでいるように見える事はないですか。カタチは糸状のモノだったり、小さな点だったり輪っかだったりします。眼の視点を変えてもずっと変わらずに飛んでくるような症状です。蚊がずっと飛んでいるように見える所から飛蚊症と言い、このような特徴があります。原因は病気だったり生理的なものだったりします。飛蚊症の程度は段々進行してきたと感じたら病気が原因の可能性があります。病気が原因の場合、網膜剥離や網膜裂孔の場合があります。しかしながら大半は生理的な原因が多く、普通の飛蚊症は、眼のレンズのにごりが網膜に投影されて見えるもので一般的に良くある症状ですのでそのままにしていたら何も感じなくなったという例もあるようです。

飛蚊症の多くは生理的なものであまり気にするものではないそうです。原因としては硝子体という眼球ほとんどそのものに劣化や老化による繊維組織の破壊があり、これが異物に見える様になる様です。この原因の多くは活性酸素で、活性酸素を発生させる主な原因は紫外線にあります。つまり、紫外線から目を守ることが大事になり、外出時には日光による紫外線から目を守るようにしたり、紫外線を発するテレビやパソコン画面の利用時間を減らすなど、少しでも活性酸素を体内に生み出さないことが飛蚊症を起こさない予防になります。他には食生活を改善したりルテイン等のサプリメントを服用して、徐々に不純物を融解させて飛蚊症を改善できるケースも多い様です。