早期発見で緑内障を悪化させないようにしよう|大事な眼を守る

婦人

心配のいらない症状

今までに体験したことのない症状に見舞われるととても心配になりますが、専門家の診断を聞けば安心できます。 そのひとつに飛蚊症があげられ、治療の必要がない理由が老化現象と言われ日常生活を改善することで改善されていきます。

視界に漂うゴミ

視界にいつもゴミが漂っている状態は飛蚊症と呼ばれていて、若い頃から発症することがある病気です。ただの飛蚊症ならば放置していても良いのですが、別の病気によって視界にゴミが見える可能性がありますので、まずは眼科医に診断してもらいましょう。

多くの方が感じます

飛蚊症の原因として生理的なものは老化や劣化による活性酸素が原因の事が多い様です。活性酸素をうみやすいのは紫外線ですので紫外線から目を守り、食生活を改善したり、サプリメントを服用する事で改善する事も多い様です。

早期発見が大切です

男女

検診を受けましょう

緑内障は目の中の圧力が正常よりも高い状態が続くことによって引き起こされる病気で、日本では失明の原因の第一位とされています。初期症状として視野欠損と呼ばれる視野の一部だけが見えなくなる症状を引き起こします。しかしながら、人間の目の性質上2つの目で補いあって一つの視野を見ているため、片側に視野欠損ができても反対の目で補ってしまうため気づきにくいと言われています。一度かかると治癒するという事がないため、早く見つけて早めに治療を開始して悪化しないようにすることがとても大切です。緑内障は眼底検査や眼圧検査など一般的な検査で発見できるので、年齢が上がるにつれて患者数が増えこともふまえて、年齢に応じて適切な検診を定期的に受けることが大切です。

自分でもチェックできます

一度失った視野は再び戻る事はありませんので、緑内障の初期症状にいかに早く気付くことができるかというのがとても大切なポイントとなります。定期的な健康診断に加え、自分自身でもできる視野のチェックを行っていくとよいでしょう。眼科の待合室などには緑内障の視野狭窄のチェックをするためのポスターが張られているところ多く、目にする機会もあるでしょう。片目づつそのポスターをみて見えにくいところがないか調べるという簡単なものです。これと同じようなものが、インターネットで検索をすると沢山見つけることができます。40歳を過ぎたらこのようなものを使って日常的にチェックをしていく事が大切です。また、生活習慣が影響する病気でもあるので、飲酒やたばこは控えて規則正しい生活をしましょう。